• フリーランスは年賀状が大事です

    フリーランスで働くのは、安定した仕事の依頼元を確保するのが重要です。


    独立する前に在籍した会社や、在籍していた会社で取引関係にあった法人などとの関係を大事にしなければなりません。

    そこから、安定的に仕事が依頼されれば、その関係は大事にし、継続していく努力が必要になります。



    しかし、これまで取引関係にあった会社でも、担当者が異動すると、取引関係が希薄になることもあります。


    さらに、時間とともに存在が忘れられ仕事が減少していくこともあります。フリーランスにとって、常に、仕事の依頼元との関係は大事にしておかなければなりません。そのためには、時候の挨拶は、自分を売り込むチャンスになりますので、大切な機会として活かせましょう。

    まずは、メールの普及で影が薄くなった年賀状や暑中見舞いは、今でも欠かさず出すことです。それも、印象的な図柄や文字や写真をはがきの紙面にプリントして送ることです。
    メールは短期間で、いつの間にか忘れられますが、年賀状や暑中見舞いは手元に残しておくことが多くなります。


    特に印象的なはがきは、何人もが回覧して見ますので、複数の関係者の記憶に残ることもあります。

    依頼元の会社で、新しい企画や予定した原稿に突然にアナが空いたときに、とっさにユニークな年賀状を思い出してもらえることがあります。


    そこから新しい取引が発生することもあります。



    たかが年賀状ですが、フリーランスにとっては斬新な年賀状や暑中見舞いを考えるのも、新しい感性を磨き最新の時代を体感する能力を高めることもできます。



  • 読めば解る

    • フリーランスで仕事をしている人の中には、事務所を設けずに自宅で仕事をしている人も多いでしょう。その場合は家賃や電気代などの家事関連の費用を生活用と仕事用に区別して、仕事用の割合分を経費として計上できます。...

  • 納得の情報

    • サラリーマンは、会社に雇われ、日々与えられた仕事をこなしつつ、それに見合った給料が支払われます。会社勤務となるため、時間的自由がなく、会社に縛られて生活していかなければなりません。...

  • 身に付けよう

    • 将来的にはフリーランスになりたいという気持ちがあるのなら、間違いなく若い頃から動いた方が有利です。しかし、年齢を重ねた後にフリーランスに転身することが好ましくないわけではないのです。...

  • ためになる情報

    • IT化で今ある仕事でも、今後なくなることが予想される仕事が出てくるようです。一方で、組織に属さずフリーランスで仕事する人が増えてきます。...